完成度の高い千葉のデリヘル嬢

千葉で働いているデリヘル嬢は、商品としての品質がかなり高いのではないかと思われる。話し方ひとつとってもものすごく丁寧で、客のためにどういうサービスをすればいいのかよく理解している。お金のためにしかたなくやっている、という感じが全くしない。好きでやっているのかどうかまでは把握できないが、少なくともプライドを持って仕事をしているような印象を持ってしまう。

デリヘル嬢というのは、社会の目からすればあまり評価されない仕事だろう。一部の男性に奉仕しているだけで、目に見えた成果というものがまるでない。お客となる男性の親しいものが利用していることを知れば、憤慨する人も出てくるかもしれない。恨みというほどのものではないが、快くは思わないだろう。

しかし、デリヘル嬢の果たしている役割というものの大きさは、決して低くないように感じる。このデリヘル嬢のおかげで、どれだけの男性の心がが救われているのだろうか。結婚したくてもできない男性はいくらでもいる。そんな男性にとってデリヘル嬢は、天女のように見えているのではないだろうか。

その天女が特に多いと感じるのが、この千葉という街なのだ。千葉のデリヘルは本当にすごいと思う。よくぞここまで素晴らしき天女を作り上げたものだ。

高収入だったら高級デリヘルやソープを利用しまくります

高収入になりたいというのは、いつの時代も男の夢だと思います。

私はとても高収入とはいえないので、風俗もそう頻繁に行けるわけではありません。

それに、利用する風俗も一般的なものか、格安なところばかり。

やはり他の商品と同じで、風俗も料金によって全然違ってきます。

以前格安風俗によく行っていましたが、女性の年齢も大体お店で出されている

ものと10歳くらいは違うもの。そして、やはり年齢がかなり上の人が多く、

容姿もサービスもけして満足できるものではありませんでした。

もちろん中には低価格で質が高いお店も少ないですがあり、

そういうお店に当たると本当にラッキーな感じがしました。

しかし、また風俗というサービスの特徴ゆえ、低価格だと

病気の心配なども増えます。きちんと管理しているのかな、と疑問に思う時もあります。

ですから、毎回低価格のお店ばかり利用しているのも不安です。

その点、高級店はやはり管理が行き届いているし、女の子の容姿もレベルが高いものばかりです。

さらに、高級店は現役AV女優やモデル、レースクイーンなど、

男性からしてみれば魅力的な女性が多くいます。

以前一回だけ高級店を利用してみましたが、本当に夢のような時間をすごせました。

いまでもその時のプレイを思い出して、自分でしたりしています。

高収入だったら、そんな夢のような時間を何度も経験することができるのになと思います。

昨日、脱サラさせられました

昨日、脱サラさせられました

要するに、クビですね、私が働いていた会社も数年前のリーマンショックなどで大打撃をくらい

営業成績が芳しくないものから順にリストラをすることになりました

私も、そのリストラ候補のひとりで、誰かがクビにされると少し安心し、そしてまたすぐ不安に襲われるという日々でした

会社をクビになってしまった、しかし働かなければいけない、生活がかかっている

そんな中、とある求人雑誌に、乗ってあるアルバイトがかなりの高収入だった

でも、そのお店は、いわゆる性風俗のお店だった

女性ならともかく男性の求人ということは力仕事とか受付とかそういうことだろう

勤務時間も基本的に夜だったので、昼間はハローワークに通い、新しい就職先が決まるまでの繋ぎとして働こう

それになにより、お金が稼げる。時給単価を考えれば、会社に勤めていた時よりもいいかもしれない

もしかしたら、毎日このお店で働ければ、かなりの高収入が期待できると思う

ある意味、何かの縁だったのかもしれない

会社をクビになってよかったまでは言わないけれども、不幸中の幸いというやつだろうか

一般企業のいいところは安定感だと思う。それでもこの収入には勝てないと思う

しばらく続けることにしよう。

★PR★
池袋高収入求人サクセスロード

遊ぶ・働く両面において良い性風俗

風俗店は星の数ほどあり、流行り廃りも激しく、利用者側、働こうとしている側
どちらにしても、どこがい いのかさっぱりわからないという人も多いでしょう。

なにを基準に選ぶかということなんですが、「確実」を求めるのであれば、とに
かく「利用者」が多く、言ってしまえば儲かっている 風俗店が1番いいでしょう。

利用者が多く、客が数多く来ている風俗店ということは働いている女性の質が高
かったり、サービス内容に満足がいくものであった り、それによって利用者も
リピートしていたりと、好循環になっていることが多いからです。

働く側にとっても利用者が数多くいることで仕事をする時間が空くこともなく、
効率的に稼げるということですし、多く稼ぎたいと 思っている場合にはうって
つけだといえるでしょう。

そういった大きなお店は働く側のことをよく考えていてくれていることも多いで
すし、サポート体制が充実していたり、個人情報保護 に力を入れてくれている
ところも多いです。

しかし、あくまでも確実性の話であって、大手の流行っているお店を選ぶという
ことは、その他のことは置いてけぼりという選択肢で もあります。

一番大事なことは遊ぶ側であっても働く側であっても、自分の価値観や趣味に合
致するサービスを展開していて、その上で納得できる 条件を提示している店で
あることが、その人にとっての「良い店」だといえるでしょう。

90%童貞がデリヘルデビュー

とうとう俺も風俗を初体験してきました!
先週の土曜日、俺はサークルの先輩に誘われて飯を食いに行きました。
その後、先輩の友達という女の子二人も途中参加して2対2でプチ合コン!
でも先輩や女性たちは合コンと言う雰囲気ではなく、ただの食事会でした。
俺一人で目の前にいる美人な女性にウットリしながら酒を飲んでいると、
「お前、もしかして童貞じゃないよな?」と先輩が突っ込んできました。
実は俺、童貞ではありませんが、高校1年のときに1回しか女を抱いたことがありません。
初体験が最初で最後のエッチだったのです。

「違いますよ~!童貞じゃないっすよ~!」と言う俺に先輩は、
「最後いつヤッた?」と聞いてきました。
俺はちょっと見栄を張ってしまい、「先週っすかね」と軽く返事をしました。
プチ合コンは和やかな雰囲気で終わり、俺たちは女性のリクエストでカラオケに行くことに。
カラオケでも楽しく時間が過ぎていたとき、先輩が俺の耳元で呟きました。
「今日、一人ずつお持ち帰りしようぜ」
もう俺は有頂天になってしまい、ただただはしゃぐばかりw
しかしカラオケが終わると、女性たちは用事があると帰ってしまったのです。

先輩は俺に、
「ま、今日は仕方ねーか!千葉のデリヘルにでも行ってヌクか!」と俺の肩を誘ったのです。
俺は風俗未経験・・・尚更不安が襲いました。
そして店に入って写真で女の子を選び、先輩と俺は別々のプレイルームに入りました。
「俺、90%童貞なんすけど・・・」と告白すると、風俗嬢はニコッと笑って俺をリードしてくれました。
あの気持ち良さは人生最大のものでした。
あれ以来、俺は週末になると必ずデリヘルに行って楽しむようになりました。

若いご夫婦の奥様

マイホームを建てて2年。うちには嫁と二人の子供がいます。
うちの隣は空き地だったのですが、新婚さんと思われる若いご夫婦が購入されたようで、数ヶ月前に新築が建ちました。
お隣さんの入居の日、ご夫婦で我が家に挨拶にみえました。

「隣に越してきます○○です。よろしくお願いします」
まだ20代半ばかと思われるとても若いご夫婦。
「明日、引越し業者のトラックが数台止まりますが、よろしいでしょうか」とのこと。
「どうぞどうぞ、そういうときはお互い様ですので、お気遣いなく」と返事をしてドアを閉めました。
ご挨拶に頂いた洋菓子セットに食らいつく子供たち・・・
俺は30歳、そして嫁は27歳で3歳差。
近所に若いご婦人がいなかったこともあり、「若い奥様だからお付き合いでれば嬉しいな」と嫁も喜んでいました。

引越しも終わり、お隣さんの日常も落ち着いたようでした。
しかし、お隣の奥様はご主人が出勤した1時間後に、毎日派手な格好でお出掛けをするのです。
俺は昼から夜までの仕事なので、午前中は家にいてくつろいでいます。
嫁の話によると、お隣の人妻は千葉で働いているとのこと。
そして、その職場は口を濁してハッキリと教えてくれないとのことでした。

先週、お隣に来た来客の車をうちの前に止めさせて欲しいとお願いに来られました。
すると、その来客と言うのが偶然にも俺の会社の後輩だったのです。
世間って狭いな(笑)と話しながら、後輩は帰り際、うちにお礼の挨拶に寄りました。

お隣の奥様、実は人妻風俗でバイトをしている風俗嬢とのこと。
そして旦那も風俗関係の仕事で荒稼ぎをしているらしい。
それで、この若さで新築一戸建てなんて購入できるのか。

熟女の垂れた肉体

俺のタイプは、買い物袋をぶら下げて商店街を歩いているような中年の女性です。
今、22歳の俺は現役の大学生。
大学で同じ年齢の女の子もいますが、ぶっちゃけ興味はありません。
もはや、熟女な教授に魅力を感じてしまう俺なのです。

俺は友人に誘われて風俗に行くこともあります。
友人たちは若い女がタイプなので、普通のデリヘルや手コキで遊ぶのですが、
俺は指名するとき、かならず「最年長の女の子」を指名します。
熟女好きとか言ってしまったら、友人たちに笑われてしまうので、普通の風俗で一番年齢が上の風俗嬢を指名します。

月に1度、俺は友人からの誘いを断って、自分ひとりで風俗に行きます。
その時ばかりは、誰にも気を遣う必要もないので、堂々と熟女風俗に行って楽しみます。
俺が指名するのは、熟女風俗の中でも60代くらいの女性です。
少しふっくらとした色白の熟女が俺のタイプ。
首筋にあるシワや、少し横に垂れたオッパイ。陰毛の下に隠れたクリトリス。
どれをとっても、俺は魅力にしか感じません。

そして熟女の良いところは、若い女とは違って落ち着いた自然なエッチを楽しめるところ。
そして、俺のような若い男の体を本心のまま楽しんでくれるところです。
「いや~すご~い!筋肉が固いわ~!若いわ~!」
「やだっ!おちんちんも固~い!立派ねぇ~」
熟女も羨む俺の肉体をつかって、熟女たちを濡らす快感はたまりません。

俺が経験した最高齢は68歳です。
来月は72歳の熟女にチャレンジしてみる予定です。

効率的に時間を利用

8480531679_tetetete26999e66bd_o

房総へ旅行に行こうと計画を立てていました。
東京から出発し、館山へ。
館山駅周辺は、とても地味だけど、それなりのホテルもあります。

俺が予約していたホテルにチェックインすると、一人旅には十分すぎる部屋。
ホテル内の設備も充実していて、悪くないホテルでした。
でも俺には館山に来たら魚を食べるという目的がありました。

しかし時間も早かったことで、俺はとりあえず第二の目的だった風俗で遊んで時間を潰すことに。
ホテルの部屋でタブレットを取りだして風俗を探しすことにしました。
でも俺は、部屋に入った瞬間にラフな部屋着に着替えており、また出掛ける準備をするのは面倒。
しかも、せっかくの豪華な部屋を使わなければ、もったいないと考え、
俺はデリヘルを探して風俗嬢を部屋に呼ぶことにしました。

その1時間後、俺が指名した風俗嬢が到着。
「地元民だけど、このホテルに入ったのは初めて!いい感じ!」
と風俗嬢も大喜びでした。
プレイは東京の風俗で遊ぶよりドキドキ感もあり、女の子のスキルも最高!
3日分のザーメンを風俗嬢の口の中で全て出し、最後はゴックンまでしてくれました。

夜は目的だった魚系の居酒屋に行き、旨いものを堪能して千葉を楽しみました。
今回の旅、最初の計画こそ順番が変わりましたが、すごく効率良く動けました!

何となく行った風俗

仕事帰り、駅に向うと学生の集団がたむろしていました。
近くでスポーツの試合でもあったのか、ユニフォームを着た学生で駅は大混雑でした。
こいつらと同じ電車には乗りたくない・・・

俺は一旦、駅を出て時間を潰そうと、近くの居酒屋に入りました。
ビールと枝豆、焼き鳥のセットを注文して夕飯を済ませることに。
その日は何故か、生ビール2杯でほろ酔いになってしまい、気分も最高に。
店を出て、そのまま駅へ向えば学生たちも消えてゆっくり電車に乗れたはずなのですが、
俺は駅とは逆方向へ歩いていました。

そして俺が向かった先は成田の風俗でした。
アルバムで女の子を選び、近くのプレイルームに入って風俗嬢を待ちました。
やってきた女の子は、アルバムで見た写真より数倍は可愛い女の子。
俺はスーツを脱ぎ捨て、女の子の服も脱がせて全裸にすると、そのまま足を開かせてクンニ。
女の子も俺の亀頭を口にふくみ、尿道の入口に舌の先を這わせて気持ちよくしてくれます。

最後はバックでマンコの表面にチンポを擦り付けて偽中出し。
手のひらについた俺の精子を女の子がナメナメして、チンポもお掃除フェラ。
駅でたむろしていた学生たちに感謝です。

ボケツを掘った

先週末の土曜日、俺は風俗嬢の彼女を誘ってプチ高級ラブホに行きました。 そのラブホは、ラブホテルとは思えない豪華さ。 中にはレストランやバーもあり、部屋にはプールも付いているラブホテルなのです。

俺も二度目のラブホだったのですが、最高のホテルでした。 しかし俺には大誤算がありました。 彼女には予め、「バーもあるし、プールだってあるんだぜ!」と自慢しておいた俺。 彼女にイイところを見せようと、かなり背伸びして自慢気に話をしていました。 俺の話を聞きながら、彼女は「へ~!そうなんだ~。ふ~ん」と聞いていたのですが、 ホテルに到着して部屋に入っても、なかなかエッチな雰囲気になりません。 普通なら、俺がシャツやズボンを脱いでボクサーパンツ1枚になれば、 彼女が寄ってきてパンツの上からチンポを触ったり、パンツからチンポを引っ張り出してフェラをはじめるのですが、 今回は俺が全裸になってベッドで仰向けで寝転がっても、ソファからベッドに来る気配がありませんでした。

「どうした?」と俺が聞くと、彼女は「別に」と冷めた返事。 もしかして!先日、俺が船橋のデリヘルに行ったことがバレてるのかも! 俺は探りを入れるように彼女の様子をうかがっていると、 「ところでさ、何でこのラブホのことを知ってたの?誰と来たの?」と・・・ 「嘘じゃない!俺は初めて来た」とは言ったものの、 先日行ったデリヘルの他の嬢に教えてもらったとは言えず、俺も意気消沈状態。

結局その日は、彼女と夜10時にラブホに入り、朝5時までDVDを見たりして過ごしました。 チェックアウトする予定だった朝8時頃、やっと熟睡した彼女を脱がせてマンコに入れました。 どうにか中出しで射精したものの、終始楽しくないラブホでした・・・